革命の前夜

全てがKAT-TUNに帰結する

あの頃の未来に僕らは立っているのかな

みなさんご存じ夜空ノムコウですな。

今週のお題「方言」…専攻と言っても良いお題。

わたくしの母語は長崎方言です。もはや第1外国語に共通語がきて第2外国語に英語で第3にフランス語って感じ。笑 まあそれは置いといて私の言葉は長崎市のど真ん中らへんの言葉。「チャキチャキ」という形容詞を江戸っこ以外が使っていいのか分かんないけど、たぶんチャキチャキの長崎弁です。中学は長崎市の色んなところから(っていうか長崎市外からも)生徒が集まったところに通ったので、方言の濃度がまちまちでした。最初の頃、市外から通っていた友人は「長崎市の子のなんて喋りよるか分からんかった」らしい。(高校にあがってから聞いた話。)ちなみに「」内の言葉は方言薄いところでも割と使っていると思う。「~よる」と「~とる」には違いがあるんだけど、今住んでいる福岡は(というより私の周り?)はもう混同されている気がする。九州方言の中の違いなんて、多分九州以外の人にはさっぱりだと思うのです。というか、九州の中の人にだって、「福岡方言とそんな変わらんやろ。」と言う人もいるのですが。私の感覚からすると、

全然違う!!!!!!

似た語彙は使っても使いどころが違ったり、アクセント(よくみんながイントネーションと言っている音の高低)(言語学で言うイントネーションは疑問文の最後に語尾が上がるとかそういうやつ)が違うので違和感ありまくりです。

何が言いたいかって言うと、

実家に帰りたい!!!!!

 

 

はーーーー無事に内定を頂くことと卒業することと教職をゲットすること全てをやり遂げられますように!!!!ってかやる!!!!!