革命の前夜

全てがKAT-TUNに帰結する

学校

どんな小さな傷にも涙の訳

先週は言語学の集中講義だったけれど、今週は英語学の講義を受けている。テーマは「生成文法」。名前だけはよく聞くし、なんとなく意味も分かるのだけど、言語学研究室の私の学年は様々な不運に見舞われ、あんまり言語学のことを知らないままにここまで来た…

夜明けまで

KAT-TUNのカップリングには名曲が多いのに、大体アルバム発売とともにライブがあるのでそのあおりを食っている一曲。ちなみにデビューしてからのツアーはほぼこのパターン。あ、この前の東京ドームは違う。行けなかったけど。ツアーの最初の方だとまだ発売さ…

自転車操業日記

何日か後に書いていくタイプの日記…本日は6日ですが5日の日記をば。5日の時間割は①空きコマ②国文学③社会学④アジア宗教思想⑤空きコマという感じ。授業3つの日。①空きコマ寝てた②国文学あのえっと…ご飯炊いたりなんだかんだしてたら…行けなかった…反省…ショッ…

The Tsar's Bride

Rimsky-Korsakov The Tsar's Bride (Ouverture ... 「皇帝の花嫁」(序曲)を聞きながら書いている。作曲者はリムスキーコルサコフ。私は初めて聞いた時から、「なんてかっこいいの♡」と思っていたのだけど、悲劇だそうで。なんてこった。今度の定期演奏会…

風に揺られ、舞い上がった

4日に書く3日の日記。タイトルはKAT-TUNの「BLESS」から。でも今聞いてるのは「RAY」BLESSは初めて聞いたときからずっと、聞く度に切ない気分になる曲。決してバラードって訳じゃないし、テンポだけなら96くらいはあると思うんだけど…歌詞が!切ない!そして…

鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番美しいのはだあれ?

鏡にさん付けするの可愛いよね。今日古典語(漢文)の授業中、電源の入ってない電子辞書に映った私ちょーイケメンだった。見惚れた。(嘘です)鏡を見るのが好きなのよね。昔から。小さい頃から、「もーちゃんは鏡見ると好きねえ」と言われている。パパに。自覚…