革命の前夜

全てがKAT-TUNに帰結する

浅く広く長く

お題「演奏できる楽器」

 

▽ご無沙汰しておりました。卒論発表会が明後日に迫っている私であります。久々に何か書いてみようと思って、「記事を書く」ページを開いている次第。文章は基本的に読む専門で、書くのは脈絡がなくなっちゃうのですが、4月から働くところは部署によっては毎日何かを書くところなので、練習が必要だなと思ったわけです。卒論は支離滅裂です。出しただけマシかというレベル。全米が大爆笑って感じ。謙遜ではなくて客観視してそういう評価です。というか、あまりの論理的文章の書けなさにそこで気づきました(遅い)。内定先から読書感想文の課題が出ていたのだけど、どの程度くだけていいのか、っていうかお堅く書かないといけないのか迷った結果ゆるゆるの文章を出してしまいました。この文章のゆるゆるさは私がのらりくらりと暮らしすぎていることに起因するのだろうか…▽社会人になるにあたって、春休みのうちに準備しようと考えていることがあります。1つは体力作り。ランニングシューズとジャージ的な物を手に入れたので、最初から長距離は無理だと思うけどちょっとずつ運動しようと思います。タフな仕事場のはずなのでね。もう1つは文章の練習。今年の手帳は「ほぼ日手帳カズン」にしたので、本を読んでは何か書き、映画を見ては何か書き…と考えを文字にする練習をします。当初の予定では毎日何かを勉強しようと思っていたのだけど、せっかく1日1ページというアバウトな字数制限を掛けるのなら、文字を書くというところにフィーチャーした方がいいのかもと思って。誰でも少なからずそうだと思うのだけど、いつも何かを受信した後は色々な思いや考えがすぐにはまとまらないのです。言語化すら難しいことがある。語彙力には定評のある私なのだけど、受信がまだ続く状態で脳内辞書を引きまくることは難しいらしい。前の記事にも書いたけど、こういうときのTwitterというのは危険。なぜなら自分の頭に流れ込んできたものを、他の人の考えに隠されてしまう感じがするから。掴み損ねる感じがします。だからクローズな捌け口を持って、しかもそれを毎日書けば何かの鍛錬にはなるかなと思って。がちがちに固めないで私のペースでやった方が続くよね。うむうむ。▽さて、演奏できる楽器。とその思い出(笑)。今は稼働してないけど小さい時から家に母のクラビノーバがあります。後にアップライトピアノも増えた(母が実家から持ってきた)。父はギターをほとんど毎日弾いています。だから初めて触った楽器はこのどれかだとは思う。結構音楽が常に鳴っているような家です。ほとんどロックだけど。▽行事でほんの一瞬演奏したことある楽器の話をすると、幼稚園では鍵盤ハーモニカ、ハーモニカ、お遊戯会ではタンバリン的なやつとかしたと思う…し、小学校でも毎年3月に音楽祭があったので毎年鍵ハモとかボンゴ(やたら褒められた)とかバス木琴とかリコーダーとかアコーディオンとか…まあでもこういうのはノーカンだよね。カスタネットのプロとかやばいからね!!!!▽話を戻して、私から真面目に動いて最初に舞台でお披露目した楽器は恐らくヴァイオリンです。小学校に課外クラブとして弦楽クラブがあったので、小3で入部してヴァイオリンをやって小4でチェロに移りました。ここで私は悟りました、メロディを担当するような楽器向いてない!!と。小4のとき、妹にピアノブームが訪れて、私も一緒に習うことになりました。小5のとき、長崎くんちにお囃子として出ました。6月から10月まで練習するのです。これはスネアドラムだった。ピアノとチェロは、小6にあがるときに塾の時間が重なって行ける日がゼロになったので辞めました。受験に成功し憧れの中学校に入学しました。吹奏楽部に入りました。ヴァイオリンのときの先輩が誘ってくれたし、弦楽クラブのときにこの吹奏楽部の演奏を聞いたり一緒に演奏したりしていたので、上手だな~と思っていたのです。ホルンパートになりました。パートの先輩は良い人で毎日楽しかった。そういえば中1のとき誕生日プレゼントにギターをお願いしました。Fはクリアしたのでゆっっっっっくりなら何か弾けるかな…まあ弾けないに等しいです。練習したい。中3になって吹奏楽を楽しいと思えなくなりました。コンクールもひどかったし内紛もひどかった。ずるずると高1になって、中高一貫校だったからそのまま所属していたけど、このままだと望む勉強が出来ない大学にしか行けないと思いました。運よくアッパークラスにいましたが、周りに比べて圧倒的に「出来ない子」でした。ホルンはたった3人しかいなかったけど、恨まれてもいいから、辞めて勉強したかった。他にも辞めたい理由がたくさんありました。という訳で辞めました。友達の彼氏とその仲間たちにバンドに誘われていたので組むことになりました(そういえばこれも一悶着あった)。担当はドラムです。ギターとベースはいたけどドラムはブラスのパーカッションとかしかいないから困ってたらしい。始めて3か月で後夜祭に出ました。なんだかんだブラスの先生も許してくれて(部活の辞める辞めないに許す許さないがあるところに闇を感じる)、同期や後輩は変わらず接してくれたのが嬉しかった。いや後輩は色々思うとこあったやろばってん。高3のときなんか、ブラスの同期が「ドラムが安定しててすごくよかった」と言ってくれて本当に泣いた。あはは。大学に入って一瞬バンドやって、2年生でオーケストラに入ってホルンに復帰して、最近プラスチック管のトランペットを手に入れたので吹いて遊んでいます。▽という訳で、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、ホルン、ギター、トランペットかな!!!!ホルン以外はきっと初心者レベルだけど。中2のときでもヴァイオリンの音は出せたので弾けるんじゃないかなあと思ってる。あはは。母に「なぜかあんたはクラシックに行くねえ」と言われた。確かに…親とか、自分じゃない人に指摘されて分かる嗜好ってなんなんだろ!!!!▽そんなわけで、浅く広く長くやってきたことがたくさんあるので、春休みから挑戦するあれこれも細く長くやっていけたらよいなあ。

広告を非表示にする

我書を捨つ、故に悲しみを抱くなり

題名は適当文語。全部発端は本を売る話。

 

本棚整理からの空想

本を手放そうとするとき、私は、「私のお家での役目は終えたから、あなたを必要としている未来の読者の元にお行きなさい〜私がまた読みたくなったら、きちんとお金を出してお家に引き取るからね〜元気でね〜」と思う。これは本心だけれど、たぶん、悲しみと罪悪感を消すための防衛でもある。本というのは、その1冊の情報のうち、ほんの少しかも知れないけれど確実に自分の身に浸透して一体化するものだから、本当なら全部ぜーんぶとっておきたい。だけど現実問題、一人暮らし、マンション住まい、かつ引越し予備軍の私には到底無理である。

本を手放す、つまり売る、というのはまあお小遣いにもなるとはいえ、だからこそ?、胸の張り裂けるような心持ちがする。精神的なものがお金という世俗的なものになるところが何とも言えませぬ。良し悪しでなく。でも、だから、古本屋さんって楽しいのかなあ…。たくさんのいろんな人がそれぞれ自分に染み込ませたあと、何らかの理由で手放したものが集まってるんだもんねえ…。ドラマって感じ。

いつも思うんだよねえ、今スマホとかパソコンとかでクラウドってあるけど、その言葉がなかった時から今までずっと、自分クラウドがあったのよねえって。つまり、人々の頭の中ではメディアとかお喋りとかから情報を吸収して、そこから自分だけの色とか形とか感触が違う思考たちがぷかぷか浮かんで、それを繋げたり離したりしたのを人と共有したり鍵かけたりしてきたのよねえ。すれ違い通信みたいなことは出来なくて、きちんと言葉にして、つまり文字にしたり声にしたり動きにして、お互いに共有しようとしなければ共有できないけど、でもそれでも街を歩いてるときに、「私がこうやって人を見ているように、あの人もこういうこと考えたりしてるのかなあ」って想像は出来る。私、しがち。古本屋さんでの空想とかこの想像は共有の要請が来たときの器作りなのかなあ。

ちなみに街を歩く人を見てるときのイメージとしては人の頭からほわほわほわって吹き出しの💭コレが出てるのを見る感じ。笑

 

古本屋さんのストーリー(ダブルミーニング) 〜デジタルを添えて

東京バンドワゴン』のどこかの巻の“事典をくり抜いてお宝を入れてたお祖父さんの話”に、「本をくり抜くなんて、君のお祖父さんの世代からしちゃあ、よっぽどのことだろうよ」みたいな台詞があった。物理的に紙が大事だとか自由に本が読めることのありがたさとかも勿論だけど、戦中戦後は今と比べて、知識や情報を伝える手段が少ないから、自分に取り入れる手段が少ないということで、でも人間はいつだって人間な訳だから、渇望していたんじゃないかなあ…だからそもそも書物という物自体の価値が高かったんだなあと思う。それプラス物質的な大事さと機会の大事さ、みたいな。

活字離れなんて言うけどさ、結局今スマホとかパソコンとかで知識や情報を得てはいるよね。同じことを違う媒体で出来るようになったって言う話なのでは。

私たちは紙からデジタルに移行したから、デジタルで入れようとしてもいまいち頭に入らん!とか思うけど、最初からデジタルのみなら違うんじゃないかなあ。どうなんだろう。よく分かんないけど笑 紙の本とは、頭の中での受け取り方のシステムを変えないといけないのかも。

…まあ私は紙の本が好きだけどね。笑

 

おまけ① 吹き出しで思い出した話

どうでもいいけど私の頭の中では基本的には小さい私3人が会議しながら私を操縦してて、考え事とか空想?するときとか、あとは何かすごいものを見たけどパッと言葉にできない時はもっと小さい私大勢を指揮しながらいろんな素材を使って形を作って、それが結果文章になっていく感じがする。

おまけ② パッと言葉に出来ないことを言葉にしてみる話

中丸雄一のアナザースカイを見て、なんかすごく色々受け取ったけれど、上手く感想が言えないというか、整理がつかないというか、自分の思考の発展に言葉が追いつかないみたいな気分になった。渦を巻く感じ?KAT-TUNのメンバーが出たテレビの後にはいつもTwitterでたくさんの感想を見かけるし、普段はそれを面白く拝見して気軽にリツイートするけど、この時はTLの濁流に自分が飲み込まれそうな感じだった。自分の思考を掴めていないから、他人の言葉に簡単に流されそうだった。自分の思いにしっくりくる言葉じゃないのに、似たような色や形や感触のものを目にしたら、「あっこれだ!」って思っちゃう感じ。いつもよりも、なんとなくリツイートしたあとで「ん〜?」って思ったり、正反対の内容のツイートをどっちも「よい!」とか思ってリツイートしたりすることが多かったような。自分基準で正しいかどうか(つまり自分の考えと方向が一致してるか)を見極めることも出来ないくらい頭の中が渦を巻いていた。TLも濁流で自分も渦を巻いてたの。そりゃ酔うわ。「影響される前に自分で何か言おう」と思って文章にしようとしても、「なんか違うような…モヤモヤそわそわイライラする…けど、どこの何がどう違うんだ?」って感じ。自分の考えがはっきりしていて、かつ誰かの考えを掴まえにいきたいときはよいけど、今回みたいなときは眺めるのも無理ね!笑

今まで何度もこういうことはあったけど、やっとこさその感覚を文字に出来た気がする。文字にしてみようと思ったのもこれが初だけど。そしてこれもぴったりしっくり言えてるか分からないけど。

 

 

以上、私の、一つのことを突き詰めるよりも蜘蛛の巣状に広まっていく思考、の記事でした!

七之助さんは福岡がお好き

f:id:i_need_U_baby:20161126053352j:image

というわけで!観て参りました!錦秋特別公演2016!2日ぶり2回目の歌舞伎です!笑

 

「いつまでもあると思うな現場と自担」がモットーのKAT-TUN担なので、推し(七之助さん)が福岡に来るぞ!と分かった瞬間軽率にチケットを取りました。あの頃はこれほどまでに卒論に追い込まれてるとは思ってなかったのです…(30日に原稿用紙30枚分提出、現在1.8枚)

 

本日は(昨日か)「歌舞伎塾」「汐汲」「女伊達」というプログラム。

「歌舞伎塾」は立役と女方の“拵え”(=支度)を勘九郎さんと七之助さんの解説付きで観られるというもの。もちろんMC的なお喋りもありつつ。メイキング大好き芸人だからとてもワクワクしながら観たよ!中村いてうさんと中村鶴松さんが私服でステージに上がって、実際にお化粧とかお着替えしていって、最後にこの「正札付根元草摺」を舞います。舞台上で歩いて回る七之助さんが可愛かった。(そのくらいの萌えしか見つからないほど、詳しくは見えてない。笑)

「汐汲」は七之助さんの美しさが爆発してたね!やっぱり3階だとお顔などは見えないけれど、もう容姿と動きが綺麗!お着物とかね…素敵だ…

「女伊達」は勘九郎さんが女方で舞われます。なんかね、かっこよかった!そういう物語というか役なんだけど、男の人をペシッ!てやるの。笑 結構笑いどころも多くて、昔から日本人はこういうので笑ってるのかな〜と思った。いやまあ現代用に(というかその時代用に)変えてるところもあるんだろうけど。歌舞伎塾のときに、立役の人が女方をやると姿勢とか着物の着方とかがキツイって話で、「若い頃は女方もやってたからそんなにキツイ〜とは思わなかった」って言ってらしたけど、私は好きだけど知識はないので知らなくて、今回見られてよかったな〜と思った!

 

伝統芸能って言うけど、現代まで残っているということは、時代時代に芯を外さず順応しているということだと思うのです。芸事に限らず、それは健全な姿だよなあと思う。特にね!方言の卒論やってますんで!笑

 

以上、観劇の思い出でした!

卒論中間レポート書きます!

金銀財宝盗んでも畜生外道は許さねえ

はい、というわけで。

平成二十八年 博多座 十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」を観てきました!with母!

 

f:id:i_need_U_baby:20161124000750j:image

 

わたくし、今回初めて歌舞伎を拝見しました。興味はあったけど敷居が高いというか、機会も特になかったというか…笑 結構ドキュメンタリーとかでは見るんだけどね。海老蔵さんのも見たし、中村屋のやつも見た。

 

お昼頃に母と合流して、ご飯食べて、博多座へ。もう開場してたのでそのまま入って、パンフレットを買っ(てもらっ)て、きんつばとお茶も買ってもらって、わらび餅の試食なども食べて(笑)、席に着きました。例によって予習していなかったので、パンフレットを母とそれぞれ熟読。どうも「悪人から盗むから義賊と言われている」のところで「山猫じゃん?!」となる。これだからジャニオタは…。この「石川五右衛門」の樹林伸さんが書かれたのだけど、この方、「金田一少年の事件簿」や「神の雫」の原作者。「亀梨くんじゃん?!!!!!」となる。これだからジャニオタは…。(笑)

 

まずは前説みたいに石川五右衛門の子分3人が出てきて、きっちり盛り上げたところで物語が始まる。いきなり始まっても理解は出来ただろうけど、やっぱりね、和む〜って感じでありがたかった。この3人はもう出てくるだけで笑っちゃう。わたくしツボが浅いので、ええ。

まだ公演中だし、ストーリーはきっと探せばあると思うので書かないけど、全て丸く収まって楽しく終わるお話なので、観劇後もすっきり!新作歌舞伎(と言うのかな?not古典)だからか、言ってるそばから台詞の逐語訳が出来なくても母語話者なら大意は掴める。と思う。たとえ外国籍の人でも、言葉が分かって、日本の今の社会通念っていうか文化っていうか感覚?があれば、笑いどころもOKな気がする!この点に関して、私は「日本語ペラペラの外国人」ではないから実際のところは分かんないけど!

 

花道の横(ただし外側)だったので、間近で観られてとても良かった。石川五右衛門とワンハン(中村獅童)の立ち回りとか。かっこよかった。

 

なんかね、語彙力を失うんだよね、大体観劇後って。笑

 

とりあえず観に行った思い出を書きとめようと更新した次第!ちなみに25日にもたぶん更新します!予告!ではではご機嫌よう(`・ω・´)

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

 自分の興味にヒットする、KAT-TUNについてのブログを書いてる方々がこぞってはてなブログだったので!

2.ブログ名の由来を教えて!

 KAT-TUNの曲、RAYの一節から。始めた当時は就活なども始めた頃で“未来の物事が動き出す前”だから「革命の前夜」

単にRAYがかっこよくて好きだからってのもある!笑

3.自分のブログで一番オススメの記事

なんだろー

オススメというほど書いてないし、ふつーに日常を書く方が多いのでテキトーにいくつかあげときます。あとで編集してリンク貼ります。

最新記事

Vamp!Bamboo!Burn!~大阪遠征日記~ - 革命の前夜

青種子感想文(途中で頓挫)

七つの海のお月さま - 革命の前夜

青い瞳旅行記

青い瞳 - 革命の前夜

ナガサキについて

平和の鐘を打ち鳴らそう - 革命の前夜

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

昔から気付いてはいたし就活でも人に指摘されたことだけど、同時にいくつもの考えが浮かぶ(蜘蛛の巣状の思考をする?)ことが発覚。だからフリーのお題というかなんも考えなしに書き出して散々迷走した後タイトルをつけるパターンが多い。本とかかなり読む方だと思うけどあんまり文章書くのは得意じゃないです。作文とかは永遠に書けるけど小論文とかレポートはうーん🤔ってなる。徒然なるままに書くものの方がまだ得意です。文章を書くっていうか文字を扱うの好きなんだけどね。あー何か産み出したい!という創作意欲だけあるときもある。前述の通りぽんぽん色んなことを考えてしまうので、文字とか言葉にして体の外に出していかないと、パンクして、あーーーーー!!!って叫びたくなっちゃう。ただTwitterよりもオフィシャル度が上がる(気がする)のでぽんぽん脈絡なく書けず、いつも書き出すと頭の中にいた言葉のほんの少ししか出せない気はする。文章を書く部署に配属になる可能性も多々あるので入社&卒論に向けてトレーニングしないといけない…(ほらまた結論がずれる)

書いてるうちに自分の中のいろんな考えが出てきて、文字になって 「そうそう!」とか「これはちょっと違うな?」とか、要するに客観視出来ることで自分の意見(大なり小なり)知れることが「はてなブログを書いていてよかったこと」かな!

5.はてなブログに一言

あざーーーーーーーーす! 

Vamp!Bamboo!Burn!~大阪遠征日記~

生田斗真主演の「Vamp!Bamboo!Burn!」大阪公演を観てきました!

観劇したのは10月23日のマチネ。22日に大阪に飛んで、1日お買い物など楽しんで、ホテルに泊まって、観劇して、おうちに戻ってまいりました。

さすがクドカン、さすが劇団新感線といった感じで、ちょっとお下品なネタも含みますが、大変に面白かったです。私の笑いのツボが浅いばっかりに右隣の女の方にはご迷惑をおかけしたのではないかと思っている。ごめんなさ~い。

そうね、ただひたすら、斗真がかっこよかった…顔が派手というか濃い味付けなので舞台で映えるし、メイクもかっこいいし、歌って踊ってるし!!!!かっこよかったです。中村倫也さんもかっこよかった。ずっと双眼鏡でガン見してた。山本カナコさんという新感線所属の方、妹が持ってたセラミュに出演してらしたので、再!会!って感じだった。声が好きです。今回ほんとに何も下調べもしないで行ったので*1ジャニーズWESTの神山くんが出てるのすら当日知る始末だったんだけど、上手でした!!!神山くんに対する私のイメージは「金八先生の物まねの子」*2だったんだけど、上手だった!(語彙力)

観劇以外にやったことはガンズ*3ショップに行った(ママのリクエスト)、その目の前のロリータみたいなお店に行った(ママがブラウス買ってた)、色々お高いお洋服屋さんをうろうろした、お酒飲んだ、ご飯食べたって感じです。今回母と行ったので美味しいご飯をたくさん食べられて嬉しかったです。親ってすごい。帰省したり旅行したりするたびに思う。笑

今回泊まったホテルが、キスキスキスのサマーミーティングの会場の近くだったので、「ああああ!ハイタッチしたねえええ!!!!」と大騒ぎしました。楽しかったです。

 

さーて、卒論やるぞ…(11月は母とキンキ・歌舞伎を観に行きます)

 

*1:生田斗真主演ってことぐらいしか知らなかった

*2:たまたま見てた少クラでやってたからだと思われる

*3:GUNS N' ROSES

泥棒さんの抜き足差し足忍び足

最近読んでる本は「秘録 陸軍中野学校」です。

 

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)

 

 

諜報学校のノンフィクション。もともとスパイとかそういうのに心躍るタイプではありますが、JOKER GAMEキッカケに知って興味を持って買った本なので、アイドル様様という感じ。世界が広がるね!

先日、やっとこさ「君の名は。」を見ました。面白かったです。考察などを文字にするのが下手なのでしません。まだ見てない人も世の中にいるし解釈は人それぞれだし思考を世界に垂れ流しにするのが嫌だなと思ってるので。(なぜブログのアカウントがあるのか)

うーんと小さい頃に、「あれ?私の名前って◯◯だよね、間違ってないよね。」とか「誕生日は9月何日だっけ?」って思う瞬間があったことを思い出しました。まあこれは自分がまだ確立してなかったのかなあと思いますが。もうちょっと経って、小学校1年生の頃、1人で学校から帰ってる時に「私がもし△△(妹の名前)だったら〜…」って考えた後「いやいや、危ない!わたしは◯◯だ!」と何故か焦ったこともあります。誰かと入れ替わってたのかもね!!!!!笑 …いやぁ〜昔からわりかし哲学的なことを考えるのが好きな子でしたが(もちろん当時は哲学なんて言葉知らなかったけど)、考えに没頭するのもいい加減にしなさいよ!と思う危ない事案ですね。笑

 

えっと、うんと、名前は大事だ。と思いました。まる。

 

「名前は大事」で思い出した最近思っていたことだけど、KAT-TUNのPeacefuldaysという曲がありまして。これはデビュー前から彼らが歌っている曲で、KAT-TUNのスペルを連呼するのでコンサートでの盛り上げ曲としてもほとんど毎回歌われているのですが。名前を呼ぶという意味でも、盛り上げる曲という意味でも、大事に長年歌っていた曲だけど、最近は「大事」の重さが変わってきていて、それは5月1日以降特にそう思うんだけど。もともと歌詞もかつん担にとって刺さるものではあったけど、あの日に歌ったからよりヘビーな「大事な曲」になったなと。前までも大事にされていたけど今よりはライトだったなと思うのです。というオチもない話。笑

昔は割とコンサート中盤で歌ってて、その後アンコールとかで歌うようになって、4人の時また真ん中くらいで歌って、10Ks!ではアンコールだったなあ。使われ方の変遷もきになるね。構成の変遷に関わるんだろうな。充電期間中にIPA(国際音声字母)で曲を聞き取るのと作詞家作曲家編曲家リストを作るの(と口座の充電)をやろうと思っているけど…卒論が進捗ゼロです。やばい。10月だぞ…頑張る…

 

うーんプライベート?なことを書けば、10月8,9日に所属するオーケストラの演奏会が行われます。全然練習に行けてなくて申し訳ない。残り日数少ないけど悔いを残さず引退してみせます!笑 初めて「これが最後」と分かっていて舞台に立つので、どんな感じかなあと思っているところ。まあ何も変わらんやろうけどね。演奏会に向けてプレゼント作りもせんば。

 

では!そんだけ!なんとなく文字を書き?打ち?たかったから書いただけの日記でした!君の名は。にデジタルな日記が出てきたな!→日記的なもの最近書いてないや!に私の中で発展したから更新しました、というそれだけの話。